飛び込みの時にズレないおすすめゴーグルベスト3

小学校低学年の小さなお子様は、ゴーグルを着けるのも大変です。

  • 練習中ゴーグルが気になって練習に集中できない
  • ゴムが外れてしまっても自分で直せない
  • 曇ってしまって前が見えなくなってしまう

このような経験は必ずあるのではないでしょうか?
そして、最も心配で困るのが、飛び込み時にズレてしまったり外れてしまうことです。大事な大会の本番でズレてしまい、そのため結果が残せなかったりすることも少なくありません。また、このような経験があるとトラウマになってしまい、思い切り飛び込めなくなったり、泳ぎに集中できなくなったりしてしまいます。

そこで、飛び込み時にズレにくいおすすめゴーグルベスト3をご紹介します。

COBRA ULTRA(コブラ ウルトラ)/ARENA


本格的な競技用ゴーグルでありながら、クッションゴム付きなので、小さなお子様でもフィットします。
耳の方に向かって局面を描いている分、顔との接地面も大きいいため、飛び込みでズレることはほとんどありません。
また、横方向の視界が広いので、圧迫感が少ないのも特徴です。
北島康介選手が愛用していたことで有名で、引退試合までずっと着用していました。
カラーバリエーションも豊富です。

FASTSKIN3/SPEED


こちらも本格的な競技用ゴーグルでありながら、クッションゴム付きなので、小さなお子様でもフィットします。
流線形で飛び込み時にズレにくいのはもちろんですが、もう1つの特徴はゴムにもあります。IQフィットストラップという特許出願中の留め具を使っていて、余ったゴムがバタつかず、外れにくい構造になっています。また、ゴム目盛がついていて、いちいち着けてみて長さを合わせる必要もありません。
ただし、少々価格が高い点が難点です。

XCEED/AquaSphere(アクアスフィア)


イタリア製の商品で、マイケル・フェルプスが監修したというものです。「MP」というロゴはマイケル・フェルプスのイニシャルです。
こちらもクッションゴム付きでありながら、流線形で顔との接地面積が広く、飛び込み時にズレにくい設計になっています。
また、個人的にはとにかく「かっこいい」という点がおすすめポイントです。
気になる点は、最初から曇ってしまうという点です。
日本製の製品はほとんど曇り止め加工してありますので、新品ならしばらくは曇ることはありませんが、この商品は最初から曇ってしまいます。
使用する際はしっかり曇り止めを塗ることをお忘れなく。

 

水泳選手コースおすすめDVD

  1. 森隆弘 水泳スピードアップ!プログラム

    森隆弘の水泳スピードアッププログラム

    あと1秒なのになかなかそこからが縮まらないというケースが少なくありません。このような方に是非お勧めしたいのが、このDVDです。

  2. 佐野秀匡バタフライスピードアッププログラム

    佐野秀匡バタフライスピードアッププログラム

    意外に繊細な泳ぎであるバタフライ。大幅にベストを更新する時期と停滞しまう時期が極端に別れてしまう種目です。 そのため、得意であったはずなのに悩んでしまうケースもすくなくありません。このような方にお勧めなのがこのDVDです。

  3. 水泳スタート&ターン攻略プログラム

    水泳スタート&ターン攻略プログラム

    例え選手コースに入っていても、スタートは練習する機会が限られてしまいます。試合では必ずスタートで出遅れて挽回できないという方も多いでしょう。スタートさえもう少し何とかなればもう1秒縮まるのに・・・そんな方にお勧めなのがこのDVDです。