合宿後に泳ぎが汚くなっているのはなぜ?

選手コースに入ると必ず参加するのが合宿。時期や回数はクラブによってまちまちでしょうが、夏休みの夏季合宿は必ず行われると思います。親としては、この合宿で力を付け、大幅にタイムを短縮することを期待してしまいます。
しかし、合宿から帰ってきて最初の練習を見ると、愕然としてしまった経験はありませんか?

  • スタミナがついていない。むしろ落ちている。
  • 泳ぎが汚くなっている。
  • 変なクセがついてしまった。
  • タイムはむしろ合宿前より落ちてしまっている。

このように思った方も多いのではないでしょうか?
そこで、なぜこのような傾向があるのかを考えてみました。

 

泳ぎが汚くなったりクセがついてしまう件

合宿の場合、練習面では多くのクラブでは泳ぎ込みを目的にしているはずです。
少なくとも午前・午後の二部練習で1日辺り倍以上の練習時間になりますし、練習内容もハードになります。
限界に近いところで長距離を泳ぎますので、フォームも乱れ、悪いクセも増幅されてしまうのもむしろ当然と言えます。
ただ、これは一時的なもののようです。
合宿が終わり通常の練習に戻れば、今までの練習が楽になっていることに気がついてきます。
その後、合宿で身についてしまったクセも自然になおり、以前よりワンランクアップした泳ぎができるようになってきます。

合宿前よりタイムを落としてしまう

合宿で泳ぎ込んだはずなのに、むしろタイムが落ちてしまったというケースもあるようです。
これは、上記と同じ理由で、フォームが乱れたりクセが付いてしまっているためだと考えられます。
ですので、これも一時的なものだと考えられ、あまり心配する必要はないようです。

スタミナがついていない

合宿から帰ってきたら、スタミナがなくなってしまったと感じるケースもあるのではないでしょうか?
大人と違い、小学生は体調管理やコントロールがまだできていない面があります。
元気なように見え、合宿後1週間程度はまだ疲れが残ってしまっています。
スタミナ面で見ると、この疲れが取れた後に効果が発揮される傾向が強いようです。

合宿の効果が発揮されるのは1ヶ月後から

合宿の目的は、たくさん泳ぐというだけではありません。

  • きつい練習を通じて自信をつける
  • 集団生活・集団行動を身に着ける
  • 親元を離れることで自主性を身に着ける

というような目的もあり、こちらの方が重要と言ってもいいでしょう。
これらが身に付けば、その後の練習への取り組み方も明らかに変わってきます。
ですので、合宿の効果が泳ぎに現れたり、タイムに反映されるまでには時差があります。
合宿後すぐに成果が現れなくても必ず力が付いたと実感できる時期が秋口にありますので、焦らず見守りましょう。

 

 

水泳選手コースおすすめDVD

  1. 森隆弘 水泳スピードアップ!プログラム

    森隆弘の水泳スピードアッププログラム

    あと1秒なのになかなかそこからが縮まらないというケースが少なくありません。このような方に是非お勧めしたいのが、このDVDです。

  2. 佐野秀匡バタフライスピードアッププログラム

    佐野秀匡バタフライスピードアッププログラム

    意外に繊細な泳ぎであるバタフライ。大幅にベストを更新する時期と停滞しまう時期が極端に別れてしまう種目です。 そのため、得意であったはずなのに悩んでしまうケースもすくなくありません。このような方にお勧めなのがこのDVDです。

  3. 水泳スタート&ターン攻略プログラム

    水泳スタート&ターン攻略プログラム

    例え選手コースに入っていても、スタートは練習する機会が限られてしまいます。試合では必ずスタートで出遅れて挽回できないという方も多いでしょう。スタートさえもう少し何とかなればもう1秒縮まるのに・・・そんな方にお勧めなのがこのDVDです。